彼氏と待ち合わせ中のショップ店員即

ブログ更新
某日
この日は仕事が終わってから渋谷でナンパ

すぐナンパ仲間と合流
コンビメインに声かけ

だが、なかなか連れ出しできずナンパ仲間が帰宅

自分も新宿へ移動する

すぐに、巻き髪のお姉さん系
綺麗なキャバ系を発見
すかさず声かけ

反応があまり良くなかったが、
キャバ系大好きなので粘る

キャバ嬢だと思ったらショップ店員

彼氏と待ち合わせをしているが、連絡が
全然来なくて暇している物件

時間指定で連れ出し
AED3212B-AF33-4FD0-9AB3-EDF78E2B92BF

髪型は巻き髪、服装はタイトミニ生足のキャバ系

めちゃくちゃエロい
少し和んでから、ギラ

キス、ノーグダ
だが、それ以上は
彼氏グダ
丸め込むトーク
グダ崩し成功

キス、パイ揉み、パイ舐め

そして生挿入

正常位

ガンガン突く

彼氏いる女とセックスするとき
最近突きながら、
どんな彼氏なの?とか、
浮気したことある?
彼氏の名前なんて言うの?
とかいろいろ彼氏のこと
聞きながら挿入すると
めちゃくちゃ興奮するのに気づいた笑笑
寝とってる感が半端ない笑

彼氏もまさか、今から会う彼女が
待ち合わせの間にナンパされて
浮気真っ最中などと夢にも思うまい

その後彼氏から連絡来たので放流し、疲れたので帰宅

1円もお金を使わなくても、当たり前のようにセックスできるのがナンパだ。
ナンパをしていれば30すぎたおっさんでも肌がすべすべ、マンコの締りが抜群の若い女とやりまくれる

また、
普通に生活していたら普段絶対やることができない、
芸能人、読者モデル、アイドル、CA、AV女優をはじめショップ店員、受付嬢、看護師、OL、キャバ嬢、ガールズバー店員、メイドカフェ店員、風俗嬢、大学生などいろいろな職業の女とセックスすることが可能だ
また、男の夢でもある
複数の女と乱交、ハーレムプレイなども簡単に出来てしまう場合も多々ある。

更にストリートナンパはクラブナンパや合コンなどと違い
お金が発生しない

タダでできる。

クラブナンパなんかまずナンパするだけでお金がかかる。なぜなら入場料がかかるからだ。

週末なんか入場するだけで3000円以上というところが多い。
しかも高い入場料を払い入場してみたら男祭り(クラブの中に女がほとんどいなくて、男しかいない状態)ですぐに
クラブを出る場合もある。

また、クラブで、スト高を毎回即ってるナンパ師も、
実は実際はVIP席を毎回取って、そこでナンパしていたって人もいた。(例えば某六本木のVIP席は2時間8万円くらいです。)
コナン自身も奢って貰ってVIPに行った事がありますが、女からの食いつきが半端ないです。
女の方からべたべた触って、スキンシップしてきたり、抱きついてきたり。
普通に入場するより、ナンパの難易度が遥かに低く簡単になります。

また、
ネトナンみたいにアプリでの加工の写メ詐欺で実際はデブや、ブスで会ってみたらがっかり
今まで頑張ってラインしたのが無駄になってしまった
などということもストリートナンパでは起きない。

ナンパが上手くなれば、自分のタイプの女とタダでやり放題だ

女に困る必要がなく、風俗なんか行かなくてよくなるし、行きたくなくなる。
話をするだけでお金がかかるキャバクラなんかお金の無駄だと思うようになる。

だが、ナンパがあまりわかってない状態
無知な状態でナンパすると
いつまで経っても女とやれない。即ができない
トラブルに巻き込まれる
時間を無駄にしてしまう
ナンパをすぐやめてしまう
絡まれるといったさまざまな危険性がある。

そのためにもしっかりナンパのやり方を知る必要がある。
また、どういうところでナンパしたら危険なのか
ナンパをする上での注意点などを知っていればトラブルも回避できる

ナンパがしたいがやりかたがわからない
ナンパなんてしたことがない
ナンパが上手くなりたい
自分も即がしてみたい
そんな人にオススメ⬇︎
ナンパが上手くなりたい人にオススメの書籍
ただいま期間限定1万円引きの9800円

ナンパ講習の紹介

ナンパ講習を受けた人の体験談一覧1
ナンパ講習を受けた人の体験談一覧2

実に総勢50名近い方がブログで講習を受けて良かった書籍を購入して良かったと言ってくれています。
これも講習や書籍に満足してくれたからこそです。
紛い物のナンパ講習、テキトーに実践だけして一緒にナンパするだけの講習がある中で
コナンのナンパ講習は本物の講習である証拠でもあります。

ナンパ歴10年以上
30歳をすぎても、コンスタントに可愛い女を即り続けている現役ナンパ師が親切、丁寧にナンパを教えます

ナンパしてれば、彼氏がいる女だろうが関係なくSEXしまくれます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る